ネットショップの運営の流れや仕組みを解説!

こんにちは!土井です。

 

年始は、なにかを始めるにはもってこいの時期。

 

そして、副業を始める人も多い時期でもあります。

 

それもあり、ネットショップの運営に関しての質問が結構増えてきました。

 

そこで、今回は自分なりに「ネットショップの運営」に関して説明したいと思います。

 

ネットショップの運営は大変?

 

ネットショップの場合は、実店舗を持たず開業資金も少額で始められるため、非常に人気なのはブログでも何度も書いてきました。

 

しかし実際始めてみると、自分が思ってた以上に細かい作業が多く、疲弊してしまう人も少なくありません。

 

受注発注が多くなってくるほど、作業時間はまたたく間に増えていきます。

 

実際ネットショップを運営していく上でどのような必要な作業があるのかピックアップしてみましょう。

 

  • ショップの構築作業(デザイン・レイアウト)
  • 商品登録(商品画像作成・価格決定・商品説明作成)
  • 顧客対応(メール・電話・チャットなど)
  • 在庫管理
  • 仕入れ作業
  • 受注処理
  • 売上処理・経理作業
  • ピッキング・梱包
  • 商品の出荷作業
  • 販促活動(メルマガ・企画入稿)
  • アフターフォロー
  • トラブル対応(配送トラブル・誤送・欠品・破損)など

 

始めるのは簡単ですが、実際はこれらの作業が発生します。

 

ネットショップを始める時は、ほとんどの場合一人で始めるので、これらの作業を一人で回さないといけない可能性は大です。

 

上の作業を再度みると「ネットショップの運営って結構大変じゃないか・・・」と思われる方もいると思います。

 

確かに何も知らずに始めると、結構やることも多そうで大変そうに見えますよね。

 

順序だてて行けば、効率的にできる

 

しかし、 今このページを読んでいるあなたは、既にネットショップの運営の必要な作業をほとんど知ってしまったわけです。

 

内容が分かれば、後はどのようにその作業を回していくか、順序立てていくだけで、作業効率がグンと上がります(^^)

 

次はどのような流れでネットショップを運営していくのか、私の経験も踏まえて順序立ててみます。

 

ネットショップの運営の流れ

 

人によって違うこともありますが、大体このような流れでネットショップを運営することになるはずです。

 

ネットショップの運営の流れ

  1. メールの内容確認
  2. メールへの対応
  3. 在庫の確認
  4. 入金確認をする
  5. 仕入れた商品の荷受け、検品、入庫
  6. 在庫管理
  7. 出荷作業
  8. 売れ筋商品やライバル店舗のチェック
  9. 商品ページの更新

 

メールの内容確認、メールへの対応

 

おそらく、1日の作業のはじめはメールのチェック、対応から始まるはずです。

 

ネットショップが回り始めると、さまざまなメールが送られてきますので、まずその対応を行います。

 

  • 注文受注
  • 発送日の連絡
  • 発送完了メール
  • 入金確認のメール
  • 日時指定の変更依頼
  • 支払い方法の変更依頼
  • 返品依頼
  • 交換依頼
  • クレーム
  • お問い合わせ などなど

 

優先度の高いものから処理していくことになると思いますが、取り扱う商品や状況で優先順位は変化していきます。

 

在庫の確認

 

メールを確認、対応していくと、どれほどの在庫が必要になってくるかが分かります。

 

そして、その内容に合った在庫があるかどうかを確認しなければなりません

 

欠品している場合などは、取り寄せにどれくらいの日数がかかるのか確認などをして、必要な数を発注、仕入れをします。

 

仕入先によって異なりますが、「仮発注」というキャンセルが可能な発注の仕方もあります。

 

入金確認をする

 

次に発送に向けての準備として、入金がされているかどうかの確認をします。

 

個人的にはこの確認が一番楽しいですね(笑)

 

運営の仕方によっては様々な支払い方法を選択することができます。

 

  • 代金引換
  • コンビニ払い
  • クレジットカード払い
  • 銀行振込み など

 

仕入れた商品の荷受け、検品、入庫

 

自分で在庫を確保する場合は、 これらの作業が発生します。

 

仕入れした商品の数が合っているのか、不良品が無いか(検品)などです。

 

万が一問題が発生した場合は、仕入先にすぐ連絡をして、在庫の確保や商品の取替をしてもらいます。

 

出荷作業

 

商品の梱包から出荷までの作業です。

 

一人でネットショップを行っていると、この部分でかなりの時間を必要とすることがあります

 

一人でどれぐらいの梱包や出荷ができるのかで、ネットショップの売り上げが決まってきたりする大事な作業の一つです。

 

出荷にはタイムリミットもあるので、時間との戦いでもあります。

 

商品の追加やサイトの更新、メンテナンス

 

ネットショップの運営が軌道にのってくると、この部分は後回しになってくる場合が多いのですが、 非常に重要な部分です。

 

実店舗でいうのであれば、 商品の入れ替えをしたり、 キャンペーンを考えたりと顧客を呼び込むための作業といえるでしょう。

 

ネットショップを開設したばかりだと、商品の売り上げもそこまでないので、この部分に時間を割くことができます。

 

しかし、顧客への対応や発送業務などが増えてくると、一人で運営している場合はなかなかこの部分に注力できなくなってくる場合がほとんどです。

 

ネットショップの運営のノウハウを知る事で「大変」が「楽しい」に!

 

実際は、他にもさまざまな対応事項があります。

 

順序立ててみても、もしかしたらまだ「ネットショップの運営は大変」と思われている方もいるかもしれません。

 

しかし、何も知らない状態で始める場合はそうかもしれませんが、 始める前からノウハウを知っていればその不安は大きく解消されます

 

例えば、発送業務の中には、すでに自動化されているものあったりして慣れれば負担が少ない場合もあります。

 

また、在庫管理や梱包、発送業務も、大変になってきた場合はアウトソーシングも可能です。

 

そのような情報を知っているだけで、経営に関する不安は軽減され、自分に合ったネットショップの運営の方法を構築していくことができます。

 

ユナイテッドエッジでは、 ネットショップの運営に関わるあらゆるノウハウを持っています。

 

これからネットショップの運営を始めたい人や、 今ネットショップを経営していて、すでにいくつか問題を抱えている人にも対応できるサービスも充実しています。

 

ユナイテッドエッジのサービス

 

ネットショップに関して悩みなどがある場合は、どんな悩みでも構いませんので、是非ユナイテッドエッジにご相談下さい。

 

悩みを解消して「ネットショップの運営は大変」から「ネットショップの運営は楽しい」にマインドを変更していきましょう(^^)