投資と物販

posted in: 無在庫通販 | 0

 

少し前に、
投資とビジネスの無料セミナーに
参加してきました。
 

そのセミナー講師は、
元々、大手証券会社で働いていた人で、
主に経済の観点からためになる話を
聞けました。
 

そのセミナーで勧めていたのが、
漫画の
「インベスターZ」
でした。
 

聞いたことがなかったのですが、
「ドラゴン桜」
の著者の作品だそうです。
 

その本をたまたま本屋で見つけたので、
最初の3冊ほどを読んでみました。
 

インベスターZは、
主人公が、
中学に入学したところから始まります。
 

その学校は、全ての学生の学費が無料で、
学校の運営資金が学生による
投資のみで賄われているという話です。
 

中々難しそうな話でしたが、
漫画というわかりやすさと、
普段生活で利用しているような
実際の企業が例に挙がっています。
 
ですので、
かなり読みやすくはなっています。
 

そして、
その漫画一冊が
そのままビジネス書にもなっていました。
 

それだけ、
実情に近い内容になっていることもあり、
かなり手厳しいセリフも多かったです。
 

麻雀をやりたがっている主人公が、
ルールも知らずに参加し、
カモにされます。
 

「ルールを知らないのだから負けて当然」
 

と主張する主人公に対して

「ルールを知らなくても、
参加したからには言い訳はできない」
 

と言っていたのが一番印象的でした。
 
他にも名言が多く描かれています。
読んでいくうちに私は、
次のように感じました。
 

「物販と投資は繋がっている」
 

インベスターZは、
今後の展開はわかりませんが、
最初の方は株の話がメインでした。
 

そして、読めば読むほど、
色々な状況や流れを読む力を必要とする
投資という世界の難しさを感じます。
 

それに比べれば、
物販に必要な知識は、そう多くない。
 

もちろん、
売れる商品や、流行り、各モールの特徴や
ルールなど、必要な知識はありますが、
学ぶべき内容はほぼ決まっています。
 

そして、
物販を学んだことは、
投資にも活きてくると強く感じました。
 

自分がビジネスを行っていくと、
どういった企業になら、
自分の大切なお金を託したくなるか。
 

そういった視点でも投資が
できるようになります。
 

さらに、
自分が色々な失敗や成功を
経験していけば、
企業の良し悪しも見えてきます。
 

もちろん、
流行りやこれからの業界の予測が
できるようになる人もいるでしょう。
 

だからこそ、
物販から始めて投資というのは、
成功率が上がると思います。
 

もちろん、投資のやり方も、
デイトレードやスキャルピングといった
短期的な売買をやる場合には
当てはまらないかと思います。
 

ですが、
長期的に安定的な投資を
やっていこうと思う人には
最適なコースだと思います。
 

ですので、
「投資しか考えていない」
 

そう思っている人にも、
是非物販をはじめとした、
ビジネスにも興味を持ってほしいと
感じています。
 

意外にも、
その方が投資で成功する
最短距離かもしれません。